バイアグラ・ジェネリックとしての効果と服用方法

カマグラゴールドとバイアグラ、どちらも同じシルデナフィルという有効成分で作られています。
つまり得られる効果や副作用も同じだということ。

ここでは、カマグラゴールドがもつ勃起力のメカニズムと効果的な副用法についてご紹介します。

シルデナフィルの作用

シルデナフィルの性質に注目

シルデナフィルの働きは、性器への血流を促すこと。
血管を拡げて十分な量の血液が行き渡ることで、スムーズでパワフルな勃起へと導きます。

勃起を妨げているのは、PDE5という酵素。
血管収縮作用があって、射精後に作用が活発になって勃起したペニスをもとに戻すのが役目です。
しかしPDE5が活動するタイミングを間違っていつも活性化していると、性器への血流を邪魔している状態が続いて勃起を妨げる=EDに。

シルデナフィルを摂ることでPDE5の作用を阻害し、ガンガンに血流を促すことで理想的な勃起を実現できるというわけです。

根元からしっかり勃ち上がって思春期の頃のような硬さになり、自信をもってナイトライフを満喫できるという声が多く聞かれます。

服用するタイミングが効果を得るカギ

シルデナフィルが体内に吸収されてから、作用のピークを迎えるのが30分~1時間後
効果は5~6時間ほど持続します。

この性質にしたがって、カマグラゴールドの服用方法は1回1錠(50~100mg)、性行為の1時間前に服用というのが基本。
ED治療薬ビギナーは50mgもしくは、その半錠(25mg)から試して、身体との相性を確認してみると安心です。

加えて知っておきたいのが、空腹の状態で服用すること。
カマグラゴールドに含まれるシルデナフィルは油分に弱く、胃や腸に食事の油分が残っているとうまく吸収されません。
カマグラゴールドを飲んだけどそんなに勃たなかったという人は、食後間もないタイミングで服用しているケースがほとんどです。

とはいえ腹がへっては戦ができないので、どうしても食事を摂る場合はアッサリとした和食がおススメ。
寿司や蕎麦といった油分が少ない料理なら、食後2時間ほどすればカマグラゴールドを飲んでOKです。

焼肉や揚げ物といったオイリーな食事を楽しんだ日は、残念ながら当日中のセックスは見送るのがベター。
もしくは先にカマグラゴールドを飲んでおいて、30分以上経ってから食事するというスケジュールであれば効果は得られます。

まとめると、

・空腹状態(胃や腸に内容物が残っていない状態)で服用
・食後2時間以上経ってから服用(さっぱりした和食に限る)
・服用後30分以上経ってから食事する

ということ。
食事をせざるを得ない場合は軽食程度に留め、満腹にならないよう気をつけましょう。

お酒は極力控えるべき

カマグラゴールドはもちろんのこと、数あるED治療薬を服用する場合、アルコールの摂取は控えた方がいいでしょう。

カマグラゴールドに含まれる有効成分は血液の流れをよくするもの。つまり普段よりも血行がいい状態になります。カマグラゴールドを服用する前後でお酒を飲むとかなり酔いやすくなり、セックスどころではなくなってしまうことがあるのです。

また、アルコールの血中濃度が高くなると有効成分の働きを邪魔してしまい、勃起作用が半減してしまう恐れがあります。

とはいえ女性といい雰囲気になるためにはお酒の力も必要になることだってあります。流れ的に食事や飲酒は避けられないものかもしれません。

酔いやすくなることも考慮し、普段飲む量よりも控えめにしておくといいでしょう。あくまでも適量であれば飲酒による効果への影響は抑えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする